チャント母さんの絵本の中を覗いてみれば

~絵本や本を通して、ふと思い出したことを綴ります~

子供が社会人になって、今、思う正直な気持ちー② の巻き

絵本を『どう調達するか』の選択

今のように、ネットを駆使して… という時代ではなく、スマホはもちろん無い。

最初は、書店で ”なんとなく良さそう~” と思う赤ちゃん絵本を買ってきた。

決して自分の選択に、自信があるわけでもない。

 

① 段々、子供を通して知人が増えて、ある日、【ほるぷこども図書館】の説明会に誘って頂く。まだ捨てずに手元に置いてある、『お母さんのための絵本の選び方・与え方~「ほるぷ」こども図書館のすすめ~ 佐藤宗夫 著 定価200円』という文庫本サイズの小冊子を参照しながら、絵本についてのお話をお伺いする。初めて聞くことばかりで、今後の参考にもなるとても良い話だった。

子供の教育に携わった方々が選定されたという事で、欲しい気持ちがMAX。でも、一括まとめての購入は、夫の反対で、撃沈。

一度に大量の本が家にあっても、自分の子にそれが生かされるかどうか、わからない、又、何かの記念日だったり、ご褒美だったり… そんな時にも買ってやりたいという事。

確かに、私達が子どもの頃、百科事典、名作世界少年少女文学全集、地球儀 etc どうだ~と言わんばかりに、何かしらどこの家庭にも、親が良かれと思って頑張って購入していたものが本棚に並んでいて、擦り切れるほど読んだ子供がどれ程いるだろうか…、確率の問題。まぁ、納得。

 

② 次に、年齢に応じて、毎月1~2冊 送付してくれる、【クレヨンハウス】【童話館出版】【メルヘンハウス】等の、定期配本。

結果的に、我が家は、童話館の配本を継続して5年ほど定期購入。

自分や子供の選択だけでは、偏りが出来るのは確か。配本によって、自分では絶対に手に取らないような本に親子共々ハマることもしばしばあり、選りすぐりの選定というのも大事な要素かと思う。

私自身も、何か絵本を選ぶ時の指針になるようなものが欲しかったのと、毎月、子供の名前で、郵便が届くのは、本人にとっても嬉しい事だったようです。又、本をとても大切に扱っているのも感じられました。

長く継続するかどうかは、どちらでもよいかなと思う。

 

③ 子供が何でも口に入れる時期を過ぎると、図書館にもよく出かけた。出来るだけ、色んなジャンルの本に触れたいと思い、良書のリストを参考にして借りる、子供にも自分で選ばせる。特に気に入った絵本などは、後日、購入したりもして…。

〈公共のものを借りる、出掛ける〉という事に対しての心構えというのか、マナーを教える良いきっかけにもなりました。

 

④ フリマサイトやネット購入なんて、その時代ないですから、書店やブックオフも利用。何も購入しない日もあれば、何か一冊選ばせる日もあって。本屋さんで過ごすことも、子供との楽しい時間でした。

 

一括購入は、出来なかったものの、少しずつ買い足していくと、大きな本棚は絵本でいっぱい。家で自分で読みたい本を選ぶというのが楽しい様子。

お気に入りの絵本や、ハリーポッター全巻を何度も何度も、自分の読みたいタイミングで読んでいる姿を見ると、自分の本が家にあって、何時でも読めるというのも大切だなとも感じました。本を大切に扱うという習慣も出来ました。

又、借りるという事にも、学びがあって…。

個人的には、どれも一長一短あって、良いとこどりで、少しずつ取り入れていればいいかなというのが、正直な感想。

もし将来、子供に相談されたなら、「こんな本は購入して置いたら~、こういう本は、何度か借りてから様子を見ては~」って、言うだろうなと思います。

*昨日、一括購入や、配本の個々の業者さんを調べてみると、批判的な意見があって、よ~く読んでみると、営業活動に問題ありと感じる方がいる様子。私自身は、それぞれに対して、良いことは書けても、嫌な思いをしたことがなかったので、ある意味、20年前は双方にとって、おおらかで良い時代だったのかもしれません。

 

著作権があるので、手元にある新聞の切り抜きを載せることは、憚られるのですが、抜粋したものです。

『引用:読売新聞 平成11年1月15日(金)金曜プラザ 

    ~テーマ’99 絵本作家 安野光雅 生きる力 インタビュー記事より抜粋~

「ぼくは、学校の成績が悪かろうと、どんな先生に教えてもらおうと、最低本を読む習慣さえつけておけば、あとはなんとかなる、と言いたいんです。少なくとも本を読むときには、自分から働きかけないといけないのだから。読書の習慣から〈生きる力〉を育てていくことができると思いますね。」』

 

自発的に何かをするというきっかけの最初の第一歩、絵本の中にそれがあるかもしれません。

前回の記事

今日、ご紹介するのは、絵本ではないですが…

今も残してある文庫本です。子育てに対して、力が入りすぎているなと感じた時に読んだ本です。今、岳物語」「続 岳物語を合わせて、加筆修正した「定本 岳物語がでているんですね。子育てに煮詰まったら、是非。